イントラレーシックとは
生命保険

イントラレーシックとは

レーシックも利用者が多いため、どんどん手術の方法が増えています。
そしてより安全に時間を短くできるものが誕生しました。
それがイントラレーシックです。

どういうものかというと、全てを高機能のコンピューターで行います。
フラップの作成から、角膜の屈折矯正まで全てです。
全てを精密なコンピューターで行うことで、当然、ミスが少なくなり安全性がぐっと上がります。

また、レーシックを受けられないほど、角膜が薄い人も何とかイントラレーシックであれば受けることができます。
更に、全てコンピューター制御ですのでとにかく手術時間が短いです。
今までのレーシックで相当な短さでしたが、イントラレーシックはそれを上回ります。

数分で手術が終わり、目を落ち着かせるための時間がとられ、その後の馴染みも非常に速いので、すぐに帰宅できますし、帰ってからも普通の生活を送ることができます。
また合併症の確率も非常に低く、その後目の痛み、夜の光が見えにくい、更には視力が戻ってしまう、そういっことに悩まされる確率も非常に低いのが特徴的です。
イントラレーシックは進化したレーシックです。
ですから、安全性も高く、手術後の治りも早いコンピューター制御されたレーシックです。

このページの先頭へ