レーシックの術式について
生命保険

レーシックの術式について

レーシックは非常に多くの術式があり、自分で合うものを選ぶ必要があります。
一般的なのが普通のレーシックなのですが、自分の生活方式に合わせて選ぶことができるのです。
まず、イントラレーシックがあります。

これは、最先端の全てがコンピューター制御されているものです。
これは非常に安心かつ安全なレーシックです。
値段は結構しますが、より精密な作業が可能となっています。

そして、角膜が薄い人には、エピレーシックという術式もあります。
フラップがレーシックは最初に角膜を薄く削ってフラップを作ります。
それで角膜が薄いとレーシックをすることができないのですが、エピレーシックであれば、極めて薄い角膜フラップを作ることができます。

あすフェリックレーシックもあります。
これは、レーザーの当て方に改良を加えたもので、レーシックを受けると合併症にハロ、グレア現象があります。
これは光をやたら強く感じたりするものですが、その合併症が出る確率が非常に低いです。
他にも様々な種類があります。
自分が近視か遠視か、角膜は薄いか厚いか、更にはスポーツなどで目に衝撃を与える確率がどうかなどを踏まえて、合った術式を選ぶことができます。

このページの先頭へ