レーシック、コンタクト、メガネの特徴
生命保険

レーシック、コンタクト、メガネの特徴

視力矯正の方法は、代表的なものがメガネです。
メリットは目が傷つきません。
一度購入すれば、壊れない限りずっと使い続けることができます。

デメリットは、目が過度に悪くなるとそれに伴ってレンズがどんどん厚くなってくることです。
見た目も悪いですし、何より重いです。
お風呂、スポーツのときに不便ということもあります。

次がコンタクトです。
コンタクトは、メガネをかけなくていいのでそれがメリットです。
見た目がいいですね。

また、スポーツするときもソフトを選べば何の問題もありません。
デメリットは、長くつけていると、角膜がどんどん薄くなってしまいます。
コンタクトを装着できるのは一生で25年~30年と言われています。

手入れを怠ると目の病気にもかかってしまいます。
こう考えると、一番良いのはレーシックです。
レーシックのメリットは一度手術してしまえば、後はずっとその視力を保つ事ができる点にあります。

レーシックは特に何かをする必要がありません。
最初にかかる金額さえ支払えば後は快適な生活を送ることができます。
メガネもコンタクトもしないでいいというのは、想像を絶する快適さです。
このように、視力矯正は3つとも、特徴があり、メリット、デメリットhttp://tp-idf.com/demerixtuto.htmlが存在します。

このページの先頭へ