生命保険

レーシックを受けた人の視力

レーシックは視力を回復させるために受けるものです。
ですからせっかく手術するのであれば、当然視力の回復を期待します。
では実際にどれくらいまで視力が回復していくものなのでしょうか。

ある調査によると、95%以上の人たちは両目で1.0の視力に回復するに至っています。
今までメガネやコンタクトレンズをかけて生活していた人達には考えられない数字です。
これだけ見えれば普段の生活において全く支障がありません。

朝おきてメガネを探す必要も一切ありませんし、運動する際やお風呂に入るときも嫌な心配をする必要もありません。
また毎日コンタクトの大変な手入れももうしなくて済むのです。
レーシックを受ければ、視力が1.0以上に回復するのです。

ただ、覚えておきたいのが、ごくまれにですが、視力が戻ってしまうこともあります。
様々な要因が考えられます。
しかし、その時もレーシックには保証期間があるので、もし1~3年以内に視力が戻ってしまった場合にはもう一度手術を受けることができます。

ですから、最初にレーシックを受けるときにとことん付き合ってくれる良い病院http://www.unperes.jp/erabi.htmlを探す必要があります。
そうすれば視力が回復するまで一緒に頑張ってくれます。
レーシックを受けた人はほとんどが1.0~2.0まで視力が回復しています。

このページの先頭へ