レーシックを受けられる対象は
生命保険

レーシックを受けられる対象は

メガネや、コンタクトの面倒な手入れから逃れたい、その場合に考えるのがレーシックですが、全ての人がレーシックを受けられるわけではありません。
まず事前検査で調べることができますが、どんな人がレーシックを受けることができるのでしょうか。
まず、角膜が一定の厚さがあることです。

レーシックの種類によっては、例えばエピーレーシックなどは基本的に角膜が薄くても手術を受けることができますが、それでも限度があるので、最初に角膜の薄さが調べられます。
他にも、近視や、乱視が進んでいる人はレーシックを受けることができません。
レーシックは視力を矯正するものであって、回復させるものではありません。

ですからもし近視、乱視が進んでいる状態で、つまり安定していない状態でレーシックを受けると、その後また視力が低下してしまうことが考えられます。
せっかく高いお金を払って手術してもほとんど意味がなくなってしまうのです。
他にも敏感になっている妊娠中の人、更には目に何らかの病気がある状態ではレーシックを受けることができません。
このように、視力を矯正したい、レーシックを受けたいと思っていても、事前に検査を受けて、受けられるかどうかを調べる必要があるのです。

このページの先頭へ