レーシック手術の前はコンタクトを控えよう
生命保険

レーシック手術の前はコンタクトを控えよう

レーシックの手術の前に事前検査があります。
その時にも言われますが、基本的にレーシックの手術の前は数日間コンタクトを付けないでおく必要があります。
実はコンタクトは角膜に圧迫感を与えます。

この理由ゆえに長年コンタクトを利用している人は角膜が実際に薄くなってしまうことがあります。
それでコンタクトは一生のうちに25年ほどしか装着することができません。
レーシックの手術は角膜を削ってフラップというものを最初に作る必要があります。

ですから、角膜が薄い人はそもそも手術を受けることができません。
角膜がポイントになるということです。
このことを考えると、レーシック前は角膜に刺激を与える行為はなんであれ避けるのが賢明であると言えます。

実際にレーシックの際に影響が出ることもありえるのです。
他にも術前検査で、視力が安定しているか、妊娠していないか、目の病気はないかなどを調べられます。
レーシックは短時間で終わるので、あまり手術という認識がないかもしれませんが、術前検査で言われたことをきちっと守ってそのとおりにすることで、それがレーシックにも影響してくるのです。
少しの期間、メガネ生活で不便に感じるかもしれませんが、少しの犠牲を払いましょう。

このページの先頭へ