事前検査で向き不向きを確かめよう
生命保険

事前検査で向き不向きを確かめよう

レーシックは手術です。
ですから事前検査が存在します。
これが手術より長い時間がかかります。

手術は30分もかかりません。
しかも全ての時間合わせても2時間弱で終わります。
事前検査になかなか時間がかかります。

調べるのはまず、角膜が薄いかどうかです。
角膜を削ってフラップ状にしてからレーザーを当てます。
つまり、それだけの角膜の厚さが必要になってくるわけです。

もし、角膜が非常に薄い場合は残念ながらレーシックを受けることはできません。
また他に目の病気がないかも確認します。
最初にこの確認をしておくことで、合併症などの危険を避ける事ができるからです。

もう一つは視力がちゃんと安定しているかという点です。
レーシックで視力を取り戻す事ができますが、乱視や近視が進んでいて、まだ落ち着いていない場合に関しては、手術をしたとしてもその後も視力が悪くなる事があります。
そうするとせっかくお金を出してレーシックしてもすぐに視力が低下していってしまうのです。
これらの事前検査はレーシックをスムーズにすることにも目的がありますが、やはり、目の手術ですので事前に不安を消しておくことが大切です。
事前検査で不安な点は全て確認しておきましょう。

このページの先頭へ